FC2ブログ

静岡県県議会用椅子を作っています

12/16(火)

 今朝、工場に行ってみたら見覚えある形の椅子をずらっと並べてウレタンを層にして
 仕込んでいる光景に出会った。木工には木枠が積み重なり、裁断に行けば
 縫製を待つパーツになった生地がずらっと。
 先日のブログで少し触れましたが、これが県がらみのお仕事です。
 
 今年の7月に「静岡県議会議場用椅子」の新規制作の入札がありました。実を言いますと、
 初めはこの入札には参加しないつもり、、というか、入札参加自体を諦めていました。
 これだけの入札にはそれなりの提案力が必要、中途半端な考えでは参加はしない方が良いとの
 判断だったのです。社内には専属のデザイナーもいないしなぁ、、締め切りもすぐだし、、。
 そんな時にふっと学生時代の恩師の顔が浮かんだ。軽いきもちで電話で
 入札の事を話すと「よし、やろう!諦めちゃだめだ!」こんな心強い一言から
 急遽挑戦が始まったのです。(本当に時間がなかった!!)
 静岡で家具デザイナーとして活躍している「猿川デザイン」の猿川さん、当社の常務、私の
 3人で急遽打ち合わせ。1次プレゼンまでにほぼ時間がありません!とにかく知恵を出し合い
 デザインが決まり、図面にしたり資料を用意したりと大忙しだったけれど突っ走った。
 10社が入札に参加した1次審査では2社に絞り込まれ、最終プレゼンへと進めた。
 このプレゼンも議員さんらを前にパワーポイントでデザインの説明をしたり、試作した
 椅子を前にアピールしたりするんですが、緊張するってもんじゃない!さすがに普段大学の
 講師をしている猿川さんのわかりやすい説明、加えて常務の熱意、情熱がこもったプレゼンが   
 無事終わったのです。(え?私は全くの補助参加でした。。笑)
 2社の各プレゼン後、控え室で合否を待つ私達、、もう心臓がバックバク!!生きた心地が
 しないとはまさにあの事でした。ノックの音と共に入室してきた県の担当者の口から
 「採用されました」の一言に、思わす椅子から飛び上がり、いつもクールな猿川さんと
 ハイタッチ!すぐさま議員先生が待つ部屋へ戻り、直接結果報告をただいたのです。
 「ありがとうございます」という私達には議員さんらから拍手が!(これって珍しい事らしい)
 いや~、あんな緊張感、なかなか味わえません。

 初めは諦めていた。でも本当に何事も諦めてはいけないんだと心から思った。
 売り上げだけの事で言えば大企業から見たら大した事ないのかもしれない。
 でも今後数十年間、猿川さんと園田椅子がデザインし、園田椅子で当社職人が心を込めて
 作った椅子が静岡の議会場で使われるのだ。静岡の企業として頑張っている私達にとって
 これ程誇らしい事はない。
 粘り強く何度もデザインを練り直してくれた猿川さんに本当に感謝です。
 人との繋がりの大切さをここでも再確認できましたし、とっても勉強になりました。
 
 2月の納品を前に工場はフル回転です。なんせ100台をまとめて制作ですから。
 また納品後に写真をアップしたいと思っています。
 



P1010162.jpg
P1010164.jpg

スポンサーサイト



  1. 2008/12/16(火) 11:00:00|
  2. Quitoのできごと

プロフィール

Quito [キト]

Author:Quito [キト]
ここでは「Quitoキト」スタッフが交代で日々の出来事、ソファや家具ついて書いています。

Quitoキトでは自社工場で作った質の良いソファをメインに、無垢のテーブル、ダイニングチェア、照明や時計なども販売しています。是非、ご来店下さい。

住所 静岡市葵区安倍町23
電話054-254-2099

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する