FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイニングセットの納品

 2/25(水)

 ■お知らせ 2/21のHolZさんのブログにPATATE登場!是非ご覧下さい。
 
 今年に入ってもう2月も終わりの週です。今年も残す所10ヶ月、、時間が足りない!!
 私事ですが、洗濯機を新しく買いました。乾燥の途中でどうしても中を確認したくなった。
 しかし開かない。とうとう「高温の為開けることができません」と冷静な声でアナウンス
 されてしまう、、。ああ、、自分の欠点であるせっかちな性格をこの最新式機械が
 治してくれたらいいのに。次は冷蔵庫が壊れそうな予感がしている。。

 さて、ご新築のこのお宅は何もかも新しい感じでした。ロフトのある開放的なリビングに
 mm table、pepe、kukuのセットをお届け。全てブラックチェリーです。
 座面の色はCランクのワイン色と紺でしたがブラックチェリーにぴったりでした。
 テーブルの上に手作りのランチョンマットを嬉しそうにそっと敷いたお客様、
 「色」を楽しんでいますね~、こんな組み合わせがQuitoではお勧めです!
 家具選びや配色に悩んだら是非Quito Shopへご相談くださいね。


P1010155.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/02/25(水) 10:58:42|
  2. 納品事例/ダイニング

北海道や東京からの来訪者

 2/20(金)

 2/18(水)にQuitoと工場に4人のお客様が来てくれました。
 北海道からインテリアナスの社長の水谷さん、東京の平安工房外村さん、同じく東京の
 モノクラフト清水さん、えーっと、東京?群馬?マザーツール補佐の森野君。(通称モジャ。笑)
 インテリアナスさんや清水さんとは昨年の「インテリアライフリビング展」の向側で
 開催されていた「にっぽんらいふ展」に出展されていた事もあり、その少し前の
 村澤さん「股旅展」で初顔合わせ、会場やその後のお酒の席で振興を深め、
 今回静岡まで来て下さったという訳。外村さんは何回目かな??いつも嬉しいです!
 まずはQuitoで平安工房の外村さんがソファをじっくり見始めた。いよいよか!!(期待)
 でもお昼前に工場へって事になり移動。工場に付いて一回りしたらすぐにお昼だって事で
 丸子のとろろ汁のお店へ。写真を撮り忘れましたが皆さん粘り気あるの山芋に大満足、
 お腹一杯でこの地域にあるインテリアショップ見学。雰囲気あるロケーションにうっとりしつつ、
 工場へ戻った。ソファの製造工程、特にウレタンの仕込みや縫製に興味を持って頂いた様子。
 展示会の時にインテリアナスの水谷さんに沢山のお話をさせて頂いた木工の柳生君は
 久しぶりの再会に喜んでいた。他のメーカーの社長さんから色々な事を教われる機会は
 滅多なかっただろうから良い経験だったんだろうな。名残惜しかったけれど夕方には
 関西に移動される水谷さんを駅に送りお別れをした。「6月には北海道で」と言って
 くれたなあ、行きたいなあ、旭山動物園にも近いって言うし、工場見てみたいし。
 それからQuitoに戻り、外村さんとソファ選び。待ってました!!(笑)
 近いうちに東京の平安工房さんへも展示が決まりました~。ありがとうございます。
 そんな中、他の3人はいつの間にか静岡おでんを食べに行ってしまった・・。ひどい、
 でも羨ましい。すっかり暗くなってからおでん屋まで外村さんを送って帰宅した私って、、
 女って、、こんな時やっぱり生まれ変わったら絶対に男になるんだ!!と強い思う。涙
 お忙しい中、来て下さった皆様本当にありがとうございました。
 
 他にも「工場行ってみたい」って思って下さる方、ご連絡をお待ちしています!
 info@quitoshop.comまでお気軽に!


P1010215.jpg
P1010219.jpg

  1. 2009/02/20(金) 12:20:26|
  2. Quitoのできごと

新潟と長野へ出張

2/16(月)
 
先週2/12(木).13(金)で新潟と長野に出張に行ってきました。今回は展示会に来て下さって
お話させて頂いた方へのご挨拶とショップ巡りの旅。「営業」という感覚が全くなかったので
気軽な気持ちで各ショップさんへ伺えました。

まずは朝一番の新幹線に飛び乗り東京→上越新幹線に乗り換えて新潟へ入り午前中には
ボーデコール
さんへ。1F.2Fの広い店内には沢山の家具が展示されていました。
別館に展示されていたイランの遊牧民が作る「ギャッベ」という敷物が興味深かった。
これはイランから直接買い付けてくるそうで、工程の細かさを始めて見せて頂き、
一見高価に思える価格も適正、いや安いのでは、、と思えた。

P1010184.jpg

次に向かったのはHARZ SHOPさん。以前から村澤さんには一度行った方がいいよ、
と言われていましたのでいく前から楽しみでたまりませんでした!・・が、
伺う前にうまく連絡が取れず、結局は突然訪問となってしまいました。汗
噂通りオーナーの感性が光る素敵な品揃え。当のご本人は「売れない商品集めさせたら
日本一だ!」と笑っている横でうんうん、と頷く奥さん、いつも素敵なご夫婦です。
バタバタと伺ったのにも関わらずお昼までご馳走になったりで恐縮しつつも
気温も人も暖かだった新潟にお別れしました。
P1010191.jpg
P1010188.jpg


次は長野に向かいました。高崎まで戻って今度は長野新幹線に乗って市内のアメニティショップ 
アイ
さんへ到着。すっかり暗くなってしまった長野市内には雪もなくまたまた拍子抜け。
おっと、入り口にずらっと並ぶKIiKiのスツールの数がすごいです!
アットホームな雰囲気が人気なのではないかと思えるショップでした。
この日は長野駅近くに一泊。
P1010199.jpg


さて翌日は信濃鉄道に乗り松本へ向かった。各駅停車の電車だったのでゆっくり景色を眺められ
楽しかったのですが、途中駅「おばすて」では昔の映画を思い出し、何だか寂しく見えたが
ここが舞台なのかな??
松本市内にある「林友インテリアセンター」さんはQuitoのソファCALOTE とOTを展示して
下さっています。広い広い店内の一番目立つ所に赤いにんじん発見!(カローテはにんじんという意味)
実際にQuito以外のお店に展示してある姿って初めてだったので嬉しかった。
担当者さんには様々な提案を頂きましたので今後の課題です。
おっと,手前には小泉さんの椅子、ここでも仲良しな二人??
P1010204.jpg


次は上田市に向かいました。ここでも担当者さんと実に様々な話ができました。
私も普段ショップにいるので店作りの事、接客の事になると「皆、悩みは同じなんだ」と思えた。
息の長いおつきあいが出来そうなショップさんでした。
P1010206.jpg
P1010209.jpg
P1010211.jpg
かわいい無人駅に感激。おまけに原田泰治さんの昆虫電車!
P1010194.jpg
途中の越後湯沢の風景。


どのショップさんに行っても「良く来てくれた!」と喜んで頂けた今回の出張は
本当に良い人たちとの出会いでした。時間の許す限り色々な所に出かけて、良い影響を
受ける事って大切だなぁとつくづく思いました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
  1. 2009/02/16(月) 10:47:48|
  2. Quitoのできごと

静岡県議場椅子の納品完了&撮影

2/14(土)

以前も書きましたが静岡県議会場椅子の納品が全て済み、カメラマンBRAINSの山口君と
椅子のデザインをした猿川デザインの猿川さんと議場へ行ってきました。
いや~、100脚揃うと迫力があります。丸く円を描いた配置にハイバックでスリムなデザインの
椅子が整然と並んだ光景、工場で山積みになっていた椅子とはまるで別物です。笑

この椅子は県の入札形式だったので、デザインする時から様々な工夫提案をしました。
まずは「疲労の軽減」。これは以前50年もの長い間使用していた今までの椅子が
あまりにもフカフカした座面構造で腰に負担が大きく掛かっていたのでしょう、議員先生方から
「腰が痛い」「疲れて仕方ない」との声が多くあがったので人間工学に基づき体を支えてくれる
デザインに徹しました。座面は固めで腰にあたる部分のウレタンを少し前にせり出させ、
ハイバックで頭を支えてくれる、これで長時間の議論もバッチリ。
あとは環境への配慮。肘には静岡県産の檜を使用し、静岡の荒れた山の整備おきっかけとなる
にもなれば・・。「木を切る=環境破壊」と誤解する人もいるのですが、まさに今日から
多くの花粉症被害者(私も)を苦しめる大きな要因となっている「杉」「檜」が手入れされないまま放置され、
荒廃している山々の現状を知らない人も意外に多い。
これらの木を積極的に使う事で山が整備されていき、本来の広葉樹を植えたら
豊かな山に生まれ変わるのです。
(建築資材用に必要な杉や檜はまた植えているそうですが、個人的には楢とか桜とかの
広葉樹を植えて欲しい、、単純な考えかもしれませんが) 
静岡産の檜材を、この100脚に使った所で山に劇的な変化を与えられない事はもちろん
百も承知でしたが、静岡県を代表する議会場の椅子にはこんなメッセージを含めたかったのです。
また、「使い続ける」というポイントは環境にとって重要と考え、汚れやすいヘッド部分は
簡単に取り外せクリーニング可能・作り替えも簡単にできる設計に。座面の奥行きも体格に
合わせてパーツで調整できるような工夫もしました。これで部分的なメンテが可能に。
細かな対応が当社の持ち味です!
これからTVなどで議場が映る事も多いと思いますが、椅子を見た方や使用する議員さんに
多少なりともデザイナーや作り手の思いが伝わる事を願います。


P1010156.jpg


  1. 2009/02/14(土) 14:28:46|
  2. 納品事例/その他

かつてない納品


 2/10(火)

 昨年11月からあるお宅の家具コーディネートのお仕事を頂いていました。
 ご新築だったので図面の段階で様々な提案をさせて頂いたのですが、
 その中でも「ロックストーン」の家具を気に入って下さり今回の納品となったのです。
 お引っ越しの最中だったのでまだ荷物があり、なかなか良いカットが撮れなかったのですが
 とにかく広いのです!実は写真右側にも広いスペースがあるのです。
 ダイニングテーブルは特注でW2800、特注リビングテーブルもW1800、両方とも
 漆仕上げです。うっすら下地に塗った金箔がとても綺麗です。
 今回は天板に強化ガラスを置いていますので本来より光沢がある様に見えますね。
 総ボタン止めのゴージャスなソファは本革のオフホワイト。10脚のダイニングチェアは
 テーブルの金に合わせたゴールドのライン入りの生地で仕上げました。
 これだけでもかなりの数なんですが、実はもうワンフロア同じ広さのお部屋にも
 ほぼ同数を納めさせて頂きました。そのお部屋にはコーナーソファにダイニング、
 リビング共に白い漆のテーブルを合わせて、くつろげる雰囲気に変えました。
 今回はQuitoの商品納品はありませんでしたが他社メーカーの商品を深く知る
 良い経験になりました。まだコーナーソファの納品が残っていますので気が抜けませんが、
 これ程の商品を当店にお任せ下さったお客様に心から感謝しています。本当に
 ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
 
 



P1010146.jpg
見た目もゴージャスですがお値段もゴージャス!!
  1. 2009/02/10(火) 12:08:33|
  2. 納品事例/家具

販売店さん

 2/8(日)

 昨年のIFFTインテリアライフリビング展への出展から早いもので、じき3ヶ月が経ちます。
 私個人的にはものすごく前の事の様に思えるのですが、、。
 少しでも多くの方にQuitoという存在をを知ってもらいたくて出展したのですが
 会場で沢山の販売店の方達とお話できた事が一番印象深かった。やっぱり接客をしていて
 感じる事は同じなんだって思えましたし、何より楽しかった。
 そんな中、少しずつですが「Quitoの商品を扱いたい」と言って下さる店舗さんや
 問い合わせが増えてきています。ソファは家具の中でもサイズが大きいので簡単には
 展示してもらえない事は覚悟していました。販売店としてもじっくり考えて
 「よし」と心から思えなければ導入できないものです。私も実店舗で仕入れをしているので
 本当に気に入った商品でないとお客様に自信を持っておすすめできない、中途半端に
 「売れそう」だけの理由で扱った物は必ず売れ残るという痛い経験を何度もしていますので、
 気持ちがよーくわかります。だからこそ、このタイミングで問い合わせが増えて来ている
 事に大きな意義を感じています。ゆっくりと確実に進んで行きたい。

 

 <2009 1月から展示開始> 
  林友インテリアセンターさん 
 長野県松本市本庄1-17-11 TEL 0263-35-1143
 取り扱い商品/ CALOTE2p・CALOTE OT  
 
 
 林友さんはこの色での展示です。お近くの方は是非実際に座ってみて下さい!
  1. 2009/02/08(日) 16:59:29|
  2. Quitoのできごと

プロフィール

Quito [キト]

Author:Quito [キト]
ここでは「Quitoキト」スタッフが交代で日々の出来事、ソファや家具ついて書いています。

Quitoキトでは自社工場で作った質の良いソファをメインに、無垢のテーブル、ダイニングチェア、照明や時計なども販売しています。是非、ご来店下さい。

住所 静岡市葵区安倍町23
電話054-254-2099

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。